古くからある形式|神社挙式を挙げるならセットプランを要チェック

神社で挙げる結婚式とは

日本らしさが特徴の挙式

神前式

宗教の違いや地域によって様々な結婚式が日本には存在します。
その中でも、日本らしい結婚式の代表ともいえるのが神社挙式です。
本来結婚式というのは宗教観が色濃く反映されますが、特定の宗教に属している意識の少ない日本人は、西洋へのあこがれから広まったキリスト教式が現在でも主流です。
その一方神社挙式は神道形式の結婚式であり、日本独自の結婚式の一つです。
神道は日本の民族宗教であり、日本人として生を受けたものは意識しているしていないにかかわらず関りを持つとされます。
神道形式の結婚式は総称して神前結婚式と呼ばれますが、この場合ホテルや結婚式場での挙式も含まれています。
つまり神社挙式とは神社でおこなわれる神前結婚式を指しています。
特徴としては神道の教えに則した儀礼的な挙式スタイルにあり、神社での祈祷や祭儀に似た雰囲気の荘厳さにあります。
またキリスト教式では参列者は見守る役割に徹しますが、神社挙式では参列者も儀式に参加します。
例えば式の始めに会場となる社殿などの建物に入場しますが、通常は新郎新婦の後に続くように参列者も参進します。
さらに修祓といって神様への報告の前に場を清める儀式の際には、新郎新婦ともども参列者も頭を垂れてお祓いを受けます。
そして親族固めの盃と称して、両家親族一同が盃を重ねるという重要な場面も存在します。
日本古来の考え方として家というものを大事にする姿勢が、挙式のスタイルにも大きな影響を与えています。
基本的な流れはほぼ決まっていますが、古い神社では特殊な儀式を行うところもあります。

お二人の要望が叶う結婚式

会場

神社挙式をご存知でしょうか。
神社挙式とは、神前式とも呼ばれる挙式のことを言い、神社に祀られている神様の前でお二人の結婚を誓う、伝統があるスタイルの挙式です。
誰でもあこがれてしまう白無垢、綿帽子、色打掛などの和装を身にまとい、日本人ならではのウェデイングをすることができます。
神社独特の雰囲気の中で、洋装ウェデイングでは味わうことができない厳粛なる神社挙式はいかがでしょうか。
人力車の乗っての入場、参列者も参加することができる花嫁行列も人気のようです。
また、自分でデザインした扇子ブーケを手作りする方もいるそうで、お二人の希望により、様々な演出が叶います。
神社挙式は、神社の他に、ホテル、結婚式場の神殿でも挙げることができます。
教会での結婚式は、キリスト教のしきたりにのっとり、神様に結婚を誓う、挙式のスタイルのことを言います。
チャペルでの結婚式は、信仰がなくても誰でも教会で式をあげることができます。
憧れの純白のウェデイングドレスを着て、お父様と一緒にバージンロードを歩く方が多いです。
有名ブランドのドレスや、雑誌などに掲載されている人気のドレスなど多数あり、自分好みのものを選ぶことができます。
神社挙式も教会での挙式もそれぞれの良さがあります。
お二人の要望が叶う、オリジナルの演出も加え、ゲストの方にも喜んでいただける挙式を挙げたいものです。
お二人で考えるプランのほか、晴れの日を迎えることができる感謝の思いも含め、両親の希望も取り入れた挙式もいかがでしょうか。

アクセスの良さが魅力

新郎新婦

和風の結婚式の人気が高まってきており、日本の伝統的なスタイルでの結婚式を希望するカップルが増えています。
和婚スタイルの挙式の中でも、ホテルや結婚式場で行うのではなく神社で行う神社挙式も人気があります。
東京には神社挙式が行える神社が数多くあります。
重要文化財に指定されている由緒正しい歴史ある神社から、大人数でも対応可能な設備が充実している神社など、規模や提供できるサービスなども多様なので選択肢が広いのが東京の神社挙式の特徴といえます。
また、東京で神社挙式を行っている神社の多くは都心部にあり、特徴として、アクセスの良さやロケーションの良さなどが魅力です。
東京は、JRや地下鉄、バスなど、交通網が発達しているので、遠方からゲストを招待する時にもアクセスがわかりやすく便利です。
また、観光名所の近くにある神社ではロケーションの良さも魅力で、観光名所で結婚記念の写真を撮影したりなどができるのも人気です。
遠方からくるゲストにとっても、挙式に参加すると同時に東京の観光地が楽しめるので人気が高い神社もあります。
神社での挙式は、ホテルや結婚式場と比較すると制約が厳しいところもありますが、最近は神社挙式のプランも充実してきており、歴史を感じさせる厳格な由緒正しい挙式やロケーションが楽しめると同時に、披露宴や会食もできる神社も多く、大人数の招待客に対応できる神社もあるため希望どおりの結婚式が行えると評判が高まっています。