古くからある形式|神社挙式を挙げるならセットプランを要チェック

格調高い結婚式

一生の思い出の場所に

男女

最近は芸能人などが神社挙式を挙げることも目立っています。
その影響もあってか神社挙式を選ぶ人も多くなっています。
神社挙式は室町時代から続く日本古来の結婚式です。
この時に着る綿帽子や白無垢はウェディングドレスとはまた違った趣を花嫁に与えます。
チャペルウェディングは家族や親戚、知人、友人など大勢の人が式に参列することができます。
それに対して神社挙式は両家の親族同士の結びつきを確認する式なので、基本身内だけが参列します。
しかし最近はごく近しい友人や知人なども参列することも多くなってきました。
チャペルウェディングは牧師や神父が式を執り行いますが、神社挙式は禰宜が行います。
龍笛や琵琶などの雅楽が流れる中、本殿に向かう新郎新婦はとても厳かな雰囲気に包まれます。
多くの人が参列して行うチャペルウェディングはアットホームな雰囲気に包まれます。
それに対して神社挙式は古式ゆかしい格式高い結婚式となります。
このような緊張感のある儀式は、普段あまり体験することがない若者には新鮮に感じられます。
また年配の参列者にも好評なのです。
神社は緑が多く四季折々の自然の中で挙式できるのも魅力です。
また神社に参拝に来た人や観光客なども祝福してくれます。
挙式をした神社は一生の思い出の場所となります。
神社挙式の費用は高いのではないかと心配する人もいます。
しかし予算に応じたプランを用意している神社も増え、神社挙式はさらに身近なものになっています。

所作や作法に詳しい業者を

ハート

和装ブームということもあり、神社挙式が女性たちの間で人気です。
神様の前で行う神前式は、白無垢姿が伝統衣装です。
神社挙式は、一般の参拝客のいる前で行われることが多く、その美しい花嫁姿に感動し、お祝いの言葉をかけられることが多いです。
ただ最近では、神社挙式であっても白無垢にこだわらない神社も増えています。
白無垢以外には、色打掛や黒引き振袖といった衣装も、婚礼の正式衣装と認められています。
神社と打ち合わせの際に、色打掛や黒引き振袖での挙式が可能かを確認してみるといいでしょう。
神社挙式を行う際は、衣装やヘアメイク等も自分で手配する事となります。
最近の結婚式場では、和装であっても洋髪を合わせることが多くなっていますが、神前式の場合は綿帽子もしくは角隠しを身に着けることが前提となっているので、そうしたことをきちんと理解している業者に依頼するようにしましょう。
また列席者の衣装も、必ずしも和装でなければならないということはありません。
動きやすさや体調などを考慮し、臨機応変に対応できるよう手配するといいでしょう。
神社によっては、境内には支度をする部屋等が準備されていない場合もあります。
そうした場合は、近隣の美容室等で支度をし移動することとなります。
移動手段やスタイリングの人数、段取りなどの打ち合わせを丁寧に行ってもらえる業者へ依頼するようにしましょう。
従来の結婚式場とは異なり、様々な所作なども必要な神社挙式ですから、神前式への対応などに慣れている業者がおすすめです。

準備などを考慮して決める

カップル

今、行動やものにこだわりを持つ人が増加しています。
常に本格志向が人気になるようになっているのです。
料金的にも本格志向をかなえることができるような時代になっている事も背景にあります。
結婚式もその一つです。
海外の人気が後追いしチャペルでの結婚式を行うカップルが一時的に増加しました。
結婚式といえば協会という図式が出来上がっていたのです。
しかし日本の結婚式の基礎は神社です。
そのため、神社挙式が本格的な結婚式として最近話題になっているのです。
神社挙式は本当の神社で行う結婚式になります。
結婚式場としてのスペースは確保されていませんので、心地はよくないのですが、本格的な結婚式をあげることが可能になります。
神社挙式は神社でなくても利用することができるのが今の時代です。
結婚式場やホテルなどではどのようなスタイルでも受付することができるようになっています。
そのため、結婚式のスタイルで希望がある場合などは、ブライダル会社のスタッフに相談してみるとよいでしょう。
最近ではブライダル会社の多くが利用者のニーズになるべく対応できるようにと、サービス向上に努めています。
ホテルや結婚式場でも神社挙式と変わらない設備を準備することができるようになっているのです。
参加する人の事を考慮するとできる限りホテルなど設備が整った場所で行う事が大事なポイントになります。
式自体だけでなく、準備する部屋なども必要になるからです。
控え室などを考慮するとホテルなどを選択する方が賢い選択なのです。